プロフィール

自由な海外生活に憧れるあなたへ

こんにちはMaikoと申します。
ブログをご覧頂いてありがとうございます。

私は数年前から日本を離れ海外を拠点に暮らしています。
パソコン一台で稼ぐスキルを身につけ、英語や第二言語を学んだり、海外の工房で現地の人と一緒にバックやポーチなどの物づくりをしたり、「海外×自由×やりたいこと」をテーマに海外生活を送っています。

特別なスキルなど何もない状態から始めましたが、今や一人で運営している1つのサイトだけでも月収86万円以上を達成し、その他コンサルや投資などとキャッシュポイントを増やし、毎日働かなくとも収入を得てきままな生活をしています。

今でこそこんな自由な海外ライフを楽しんでいますが、数年前の私は仕事を失い身も心もボロボロでまさに人生のどん底でした。

では、なぜ私が今のように自由な海外ライフを手に入れることができたのか、経歴も含めてお話しさせて頂きますね。

憧れの業界でボロ雑巾のように働き仕事を失う

私は以前、テレビ番組の制作の仕事をしていました。元々、テレビの番組制作に関わる仕事をしたいと思っていたので、希望の業界に入れたことは嬉しく、ハードな仕事であってもやりがいがあり、それなりに楽しく働いていました。

想像通り、仕事はかなりハードで、3ヶ月家に帰れないこともざら、お風呂に1週間入れない、月の残業はざっと数えても100時間以上なんて当たり前…

ちょっとでもミスをすると上司や怖いカメラマンからの罵声が飛び交う現場。毎朝5時に「肉マン買ってこい!」という意味不明な上司からの電話(もちろん断わるという選択肢はない)

しかし、自分が担当したVTRが世に放送されるということはかなりやりがいでもありましたし、続けるモチベーションにもなっていました。

ところが、そんな生活を続けていたある日、体調を崩し、運び込まれた病院でお医者さんから「絶対安静」というドクターストップを受けてしまったのです。

病気は長引き、結局私は仕事に戻ることができず、あっけなく業界を去ることになってしまいました。

ニートから海外へ

仕事を失ってしまったことから、私は身も心もボロボロでした。家に引きこもり、誰にも会わず寝て起きてご飯を食べるだけという半分死んだような生活をしていました。

そんな自堕落な生活も半年ほど過ぎた頃、ふと学生時代のアルバムを見返し始めました。学生時代はバック1つで海外に行き、アジアや南米、アフリカなど「何でそんな国に行くの?」と友人に不思議がられるほど、マイナーな国を旅していました。

海外に行くたびに、そこに生きる人の生き方や文化を見るのが楽しくて、世界は日本だけじゃないんだから、日本だけに住むのはもったいない!いつか海外で暮らしてみたいと思っていたことを思い出したのです。

実現するなら今このタイミングしかないと思い無謀にも海外に行くことを決意。それと同時に私はこの時、なぜか「海外に行くこと」=「自由になれる」と思い込んでいたのです。

それはおそらく、海外という新たなフィールドに行けば、夢途中で挫折し何もない今のみじめな自分から開放される、自由になれると幻想を抱いていたんですね。

この時の私はまだ収入を得るためにはどこかに就職するという選択肢しか知らずに、運よく海外で働ける仕事を見つけてしまい、海外ライフをスタートさせたのです。

海外で直面した窮屈な日本社会と会社員としての生き方

海外生活はとても刺激的でした。見るもの全てが新鮮で色んな国籍の友人もできて日本とは違った環境を楽しんでいました。

ところが、私は海外にいるとはいえ、日本人であり一会社員。海外にいても会社員としてのめんどくさい日本人特有の付き合いというものに直面したのです。

クライアントのご機嫌を取るためのつまらない食事会や飲み会、休日に開催される上辺だけの付き合いのボーリング大会やバーベキュー。夜遅くまで行われる腹の探り合いのような日系企業の集まり

住んでいる日本人が多くないため、小さい日本人村社会が出てきており、会社からも積極的にコミュニティーに参加し多くの日本人と仲良くすることを常々言われていました。

なぜ海外に来てまで、行きたくもない飲み会や食事会に参加をしなければいけないのだろう。なぜ海外に来てまで、クライアントの顔を伺い、偉そうなおっさんたちにペコペコしなければいけないのだろう。

もっと自分が付き合いたいと思う人との時間を大事にしたい。

海外に来ればもっと自由に生きれると思っていたのですが、現実は会社に縛られ、日本人特有の付き合いに縛られる毎日。自由な海外ライフを謳歌しながら自分の思い描く生活ができるなんて、幻想なんだ…と嫌気が差し始めていました。

海外で出会ったリアル金持ち父さん貧乏父さん

そんな時、私はとある2人の日本人に出会いました。その2人は45歳の男性NさんとHさん。

まずNさんは、海外を拠点とする起業家であり投資家。起業した会社がある程度軌道に乗ったところで、自分は働かずにスタッフをうまく使い利益を得ながら、他にもビジネスを1つ2つと作り、収入源を複数持ち資産を増やし続けています。

昼間からビール片手にプールサイドで本を読んだり、ネイティブの英語の先生を家庭教師として雇い好きな時間に勉強したり、旅行に出かけたりと海外生活をきままに楽しんでいるようでした。

一方で、Hさんは、これまで仕事を転々とし、海外の企業に就職したものの、なんと会社が倒産。何のスキルもないHさんは、日本では年齢的に仕事が見つからず、生活も困窮気味に。年下の私にVISA代数百ドルを貸してくれと電話してくるほど困っているようでした。

それでもようやく見つけた新たな仕事は、月7万円というかなり安い給料。そして、Hさんよりも15歳年下の上司の顔色を伺いペコペコしながら仕事をするという精神的にも過酷な職場環境。

そのリアル金持ち父さん貧乏父さんを象徴するような2人を間近で見た私は自分自身のことを振り返り急激に怖くなったのです。

私も手に職と言われるような特別なスキルがない…
もし会社が倒産してしまったら…
以前のように、病気になり働きたくても働けなくなってしまったら…
転職したいと思っても年齢が高くなるにつれ難しく、我慢して働き続けなければいけない人生になるのか…

偉そうなクライアントに一生ペコペコ頭を下げ続けなければいけないのか

このままだと、もしかしたら私も貧乏Hさんのようになってしまうかもしれない。この時、初めて会社に依存し働くことの怖さを感じたのです。

貧乏Hさんとは対照的な金持ちNさんは、自分の会社で従業員が働いて出した利益で、新たなビジネスを展開し資産を増やし続けています。

まさに資本主義の縮図を見たようで、会社員である私も結局、自分の人生の大半の時間を切り売りし、労働という価値をたった数十万円で一時的に提供しつづけているだけ。

おまけに会社のために行きたくもない飲み会や付き合いにプライベートの時間までも使っているではないか!と急激に虚しくこのまま会社員でいることへの不安を覚えるようになりました。

本当の海外自由ライフを手に入れるきっかけになったブログとの出会い

このままではまずい。
なんとかしなければ。

そう思い始めていたある日、昔の友人から仕事を手伝ってほしいとメールがありました。友人は出版社に勤めており、本を作る仕事をしていたのですが、その本の内容に使う取材テープを聞いてまとめてほしいという依頼でした。

あまり興味がなかったのですが、友人が物凄く困っているので引き受けることに。

私は海外在住なので日本にいる友人とどうやって仕事をすればいいのだろうと思っていたのですが、スカイプで打ち合わせし、メールで音声データが送られてきて、記事にまとめ、指定されたサーバーにアップするという全てネット上で完結することができたのです。

この仕事を通じて、ネットだけあれば今の時代どこでもできる仕事ってあるんだと思い「ネットを使って稼ぐ」ということに興味を持ち始めました。

もし、ネットを通じてパソコン1台で稼ぎ収入をコントロールできれば、会社員を辞められるかもしれない。会社員を辞められれば、行きたくもない飲み会や会いたくもないクライアントにも会わなくて済む。

自由な時間が増えれば、語学の勉強や、以前からやりたかった物づくりを思う存分できる、自分の気の合う人とだけとの付き合いができるし、他の国にも気軽に行けるし、本当の意味で自由な自分の理想とする海外生活を送れるのではないか。

まさに私の理想的な世界!とわくわくし始めたのです。

とは、言っても…

私はプログラマーやデザイナーなど、パソコン1台で仕事ができるような特別なスキルが何もない…何で今までの人生何もしてこなかったんだ…。私は一体何をしていたんだ…と猛烈に反省。

しかし、今更人生を後悔しても仕方がない、今気づいたんだから今からできることをやろう。

そう思い模索し続け出会ったのが、ネットでもの凄い額を稼ぎ何かに縛られることなく自由な生活をしている人たちのブログでした。

24時間で1000万!
たった20分で5万円
1通のメールで100万円

えっ?何だこの人たちは!?意味がわからない…
怪しすぎる!

でもパソコン1台で稼ぎ自由な生活を楽しんでいる。これはまさに自分の理想とする世界が実現できるのではないか。一体どんな仕組みで稼いでいるのだろう…

ビクビクしながらある一人の方のメルマガに登録。そこでまず知ったのが、ブログを作り収益を得るというアフィリエイトでした。

これなら私にもできる!

しかも一度仕組みさえ作れば、ほったらかしでも収益が得られる、まさに今からスキルなしでもなれる金持ち父さんではないか!

そう思った私は、さっそく行動を起こし、ノウハウを学びながら毎日毎日慣れないパソコンに向き合い取り組みました。

「これで成果が出なかったら私はこの先一生何もできない」

背水の陣で取り組み続けた結果、1万円→5万円→10万円→30万円と着実に収入を増やし続けることに成功。そして、数ヵ月後には給料の何倍もの収入を稼げるスキルを身につけ、会社を辞めて独立を果たすことができたのです。

知っているか知らないかで人生が大きく変わる

少し前の私は、仕事を失い引きこもりニートになり海外に自由を求めて飛び出したものの、会社員という組織に縛られ不自由な生活に嫌気が差すという結構ハチャメチャな人生を送っていました。

しかし、海外でリアル金持ち父さん貧乏父さんに出会い「会社に依存せずに自分で稼ぐ力をつけなければ」という危機感を覚え、模索した結果、ネットで稼ぐという方法を知りました。

「ネットで稼ぐ」という手段を知ったからこそ、最短で自分の理想とする生活へと大きく舵を切ることができました。

つまり、「知っているか知らないか」これだけで人生は大きく変えることができ、誰でも自分が望む世界を手にすることは可能なのです。

何かに縛られ生き辛さを感じている人や、憧れの海外生活を実現したい人など、自分の人生をもっとコントロールして楽しむ生き方をみなさんにも手に入れてほしいと思っています。

そのために、私はこのブログやメルマガを通じてこれまで培ってきた経験や知識、ノウハウを余すことなくお伝えしていき、「海外×自由×やりたいこと」をテーマに一人でも多くの人に自分の理想とする世界を実現してもらいたいと思い情報発信をしています。

私のように特別なスキルも、人に誇れるようなものがなくても、ネットビジネスで人生を大きく変えることは可能です。

それは私が自分の身をもって証明していますから。

もしあなたが私に何かしらの価値がありそうだと感じてくれ、私のブログに訪れたことを人生を変えるきっかけにしたいと思うのであれば、メルマガを読んでみてください。

読むのは無料ですし、今なら「海外×自由×やりたいこと」に近づける、パソコン1台で稼げるノウハウをまとめた無料Book「メディア運営実践プログラム(初級編)」をプレゼントしています。

もちろん海外には興味がないけど人生を変えたい!もしくは収入を増やしたいという方でも大歓迎ですよ。

これをきっかけに私と一緒にあなたの理想とする世界を掴みにいきましょう。