グーグルアナリティクスの見方と最低限見ておきたいポイント

今回はグーグルアナリティクスで最低限見ておきたいポイントについて解説します。

グーグルアナリティクスでは、自分が書いた記事に狙い通りアクセスがきているのか、また、アクセスをどんどん上げ続けていくためにも大事なものとなります。

とは言っても、グーグルアナリティクスも多くの機能が備わっているので、どこをどう見ればいいかわからないという方もいるかと思います。

そこで、今回は初心者の方でも最低限見ておきたいポイントを大きく2つに絞り説明したいと思います。

まず、グーグルアナリティクスでは、このような画面が出てくるので、画面左側をそれぞれクリックすると表示を切り替えることができます。

初心者の方に最低限見て欲しいところ。

1、「行動」

まずは、この「行動」というところです。

この「行動」の部分だけでもあらゆることを分析することができるのですが、最初からあれこれ説明するときりがないので、最低限見て欲しいところをピックアップします。

この「行動」→「概要」に進むと、右上のところで期間を選択することができます。ここでは1日、1週間、1ヶ月、1年とあらゆる期間に切り替えて見ることができます。

あなたが知りたい期間を設定したら、このようにグラフと数値が出てきます。

ここに表示される数値は、どれも大事といえば大事なのですが、中でも、ページビュー数、平均ページ滞在時間はチェックするようにしましょう。

また、平均ページ滞在時間については、3分は欲しいところです。

滞在時間が短すぎるもの、1分以下だとグーグルからの評価が低くなる可能性がありますので、3分以上見てもらえるような記事作りをするように改善しましょう。

そして、この数値のすぐ下には、どの記事がアクセスが来ているのかランキング順に表示されます。ここもきちんと確認するようにしましょう。

2、「リアルタイム」

「リアルタイム」です。

これは文字のごとく今この瞬間あなたのメディアにどれくらいの人がきているかを知ることができます。

ネタには話題になるピークが必ずあります。

例えば、ドラマについて書いた記事であればドラマの放送中や放送直後に話題のピークがやってきます。

ピークと思われる時間帯に見ることができるのであれば、狙い通りアクセスが来ているのか確認するようにしましょう。

メディア運営では、記事を投稿したら終わりではありません。

あなたのメディアにアクセスはきているのかを日々確認し、どんな記事にアクセスがきているのか、もしアクセスがないのであれば、なぜないのか、何がダメだったのかを考えることもアクセスをあげていく大事なポイントとなります。

なるべく毎日チェックして改善点を見つけて取り組んでいくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です