ワードプレスのテーマの選び方と初心者におすすめのテーマ

 

今回は、ワードプレスのテーマの選び方と初心者におすすめしたいテーマも合わせて紹介したいと思います。

ドメインやサーバーの設定が完了したら、記事を編集していくために必要なワードプレスをインストールします。

ワードプレスをインストールしたら、次にワードプレスのテーマを選びます。このワードプレスのテーマも色々と種類が豊富にありますが、何でもいいわけではありません。

そこで、まず、ワードプレスのテーマを選ぶ上で覚えておきたいポイントについてお話します。

1、記事が見やすくレイアウトできる

2、カスタマイズ情報が多い

3、内部SEO対策がされている

4、レスポンシブ対応

ひとつずつ説明していきます。

 

1、記事が見やすくレイアウトできる

あなたのメディアはお店であり、記事は商品です。

いくらいい商品を置いていてもごちゃごちゃして整理されていないと、商品の魅力も半減してしまいます。

そのためパッと見た瞬間に記事が見やすくレイアウトできるようなテーマを選ぶようにしましょう。

今回のメディア運営のメインコンテンツは記事であり、ユーザーもあなたの記事を見にきていますので、記事を商品としてきれいにレイアウトできるようにメディアの目的を考えて選ぶようにしましょう。

またGoogleはあらゆるメディアを目視で巡回しています。

最初から見た目を気にしすぎる必要はありませんが、Googleはごちゃごちゃしたサイトを嫌うため、見た目も重要視しているということも頭の片隅にいれておくようにしてください。

 

2、カスタマイズ情報が多いもの

テーマも山ほどありますが、もしあなたが何かカスタマイズしたいと思った時、ネットで検索して答えが出てくるようなテーマをおすすめします。

海外のテンプレートなどは、とてもお洒落で他の人との差別化もできるため魅力的です。

しかし、カスタマイズの機能がわからず、日本語訳がなかったりすると、英語サイトを読み込まないといけないといった無駄な作業が出てきます。

そんな無駄なことをしている暇があったら、記事を書いた方がよっぽどましです。調べたらすぐに情報が出てくるようなテーマを選ぶようにしましょう。

 

3、内部SEO対策がされている

内部SEOとは、HTML構造などがルールに従って構成されており、検索エンジンロボット(クローラー)が巡回しやすい構造になっているかということです。

メディア運営では検索エンジン上からどんどんアクセスを集めて収益をあげていきます。

そのためクローラーにあなたの記事をキャッチされやすい構造になっているテーマを選んだ方が上位表示がされやすくなります。

しかし、いくら内部SEOがしっかりしているからといっても、それだけで上位表示がされるというわけではありませんので、あくまでも補助的なものとして考えるようにしましょう。

 

4、レスポンシブ対応のもの

レスポンシブ対応とは、ユーザーの閲覧環境(パソコン・スマホ・タブレット)などに応じて、最適で見やすいレイアウトで表示してくれるものです。

もし、レスポンシブ対応でないメディアの場合、画面上から記事がはみ出したり、横にスクロールしないと見られないといったことがあります。

そうすると、ユーザーが見た時に「面倒だな」と思われてしまい、あなたの記事を最後まで読むことなく離脱してしまう恐れがあります。

ユーザーの満足度にも直接つながるため、必ずレスポンシブル対応のものを選ぶようにしましょう。と、ワードプレスのテーマを選ぶポイントについては以上になります。

次に具体的なおすすめのテーマについて紹介します。

 

おすすめのテーマ

ワードプレスのテーマには無料のものと、有料のものがあります。

まずは無料のものから紹介します。

 

無料テーマ:simplicity

非常にシンプルで、カスタマイズもしやすいテーマです。

内部SEO対策も施されており、特になにもしなくてもきれいなサイトを作ることができます。

アクセス解析などの設定も簡単にできるようにとにかくシンプルに簡素化されているので、初心者でも使いやすいおすすめのテーマです。

 

無料テーマ:Stinger

こちらも非常にシンプルですが、内部SEOが優秀と評価が高いテーマです。

シンプルだけど表示速度も速く、膨大なアクセスを集めた時にもストレスなく記事を表示させることができます。

 

無料テーマ:Xeory Base

ネット界では有名な「バズ部(http://bazubu.com/)」の運営ノウハウを元に作られた無料のテーマです。

Googleのライドガイドラインに沿った内部SEO対策が施されており、使い方マニュアルも豊富に用意されています。

 

有料テーマ:ハミングバード

有名なブロガーの方が「誰が使っても美しい」をモットーに作られたテーマ。

モバイルファーストで設計されているので、モバイルで見た時にもデザインが崩れることなく美しく表示されます構造になっています。

高速表示の設計がされているので、表示速度も早いです。

 

有料テーマ:BlogPress

安心安全の日本製のテンプレート。デザイン性が高いのでカスタマイズもさほど必要ないかもしれません。

日本製ですが海外のおしゃれなテーマのようでおすすめです。値段も比較的安いので購入しやすいのもポイントですね。

 

有料テーマ:賢威

定番中の定番のテーマです。

内部SEOもしっかりしており、デザインもきれいです。

利用者が多いので情報も豊富で、迷ったらこれにしておけば間違いないです。

 

テーマについては後から変更することもできますので、最初は無料のテーマから始めて収益が出てきたら有料のものを購入するという形でもいいかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

Photo by Aaron Burden on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です