メディア運営をゼロから初めてわかったメリットとデメリット

 

今回は、メディア運営をゼロから初めてわかったメリットとデメリットについて解説します。

まずは、メディア運営をゼロから初めてわかったメリットから解説します。

メリットをあげると沢山ありすぎて、ここでは全て紹介できないので、特に私が感じた最大のメリット3つに絞って、お話ししたいと思います。

1、パソコンとネット環境さえあれば、大きな収益を得られる。

2、寝ている間も収益が発生する

3、ウェブ集客のスキルが身につく

です。

せっかくなので、ひとつずつ簡単に説明していきたいと思います。

メリット①パソコンとネット環境さえあれば、大きな収益を得ることができる

メディア運営はネット上で全て完結するので、パソコンとネット環境させあれば、場所を問わずにどこでも作業ができます。

実際に私も1年、365日のうち、360日くらいは、海外にいますが、日本語のメディアを運営して、日本にいなくても、日々稼ぎ続けています。

そして、やはり最大のメリットといえば、短期間でも場所にとらわれず大きな収益を得ることができるということですね。

例えば、会社員でお給料をすぐに10万円もアップさせるのは、難しいかと思います。

営業職の方なんかは、営業成績に応じてインセンティブなども発生するかと思いますので、また別かもしれませんが、一般職の方はそこまで数十万単位でお給料を短期間でガツンとあげることは難しいのではないかなと思います。

しかし、メディア運営では、数ヶ月で10万円稼ぐことは可能です。

また10万円に留まらず、20万30万と、どんどん収益をあげられるということは、やはり最大のメリットであると思います。

メリット②寝ていても収益が発生している

メディア運営はネット上で24時間365日フル稼働しています。

以下グラフを見ていただきたいのですが、このグラフはメディアにどのくらいアクセス、つまりPVがきているのかを解析したデータです。

1時間ごとにどれくらいのアクセスが集まっているかっていうのを見ることができるんですけども、この時は朝4時の時間帯で約5400PVあったことが表示されています。

これは深夜12時から朝4時の間ではなく、朝3時から4時の1時間ですね。

朝4時だと、まだ寝ている人が多い時間帯ですが、それにも関わらず、5400もアクセスが集まっており、もちろん私はこのときグーグー寝ていました。

アクセスがあるということは、その分収益も発生し続けています。

このように、アクセスが集まる記事を作っていれば、寝ている間もあなたのメディアが勝手にどんどん収益を生み出してくれます。

ちなみに、この時は朝起きた時点で5万円くらい入っていました。

このように、自分が働いていない間、寝ている間にも自動的にどんどん収益を生み出してくれるというのは、かなり魅力的ですよね。

メリット③ウェブ集客のスキルが身につく

メディア運営では毎日、どうすればアクセスが集まるかといったことを考えます。

どういったネタがアクセスが集まるのか、世の中の人は何に興味があるのか、どうしたらユーザーに満足してもらえる記事になるのか。

といったことを日々考えるので、ウェブを使っての集客方法が自然と身についていきます。インターネットを使った集客はどんなビジネスでも、もう必要不可欠なものです。

むしろネットを使わない集客はビジネスの世界ではありえないといってもいいくらいです。

自分のメディア運営をただ運営するということだけではなく、企業やお店などのウェブを使った集客のノウハウに生かせられますし、今後一生使えるスキルにもなるものではないかなと思います。

と、メリットについては以上ですね。

次にデメリットについてお話ししたいと思います。

デメリット

本当に、正直に話すと…デメリットは…「ない!」と私は思っています。

コレは、嘘偽りなく本当です。

大きな出費もないですし、メディア運営をしてマイナスに感じたことは1度もないですね。

あえて、言うならばパソコンの前にいる時間が増えたので、肩こりとか、目の疲れが出るようになったとか、アクセスが下がるとテンションも下がるといったくらいですかね。

でもそれはアクセスをあげればいいだけですし、デメリットというほどのレベルでもないですよね。

と、このようにメディア運営は大きなデメリットもなく、メリットの方が確実に多いビジネスです。

なので、「やらない」という選択をする方が最大のデメリットなのではないかなと思います。

今あなたがこういう手法を”知った”というだけでもアドバンテージがあるわけです。普通はそんなことが誰でもできることすら知らないという人がほとんどです。

せっかくメディア運営というものを知ったわけですからぜひ挑戦してみてほしいと思います。

Photo by Khai Sze Ong on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です