英語話せなくても海外就職求人は意外と豊富?元コンサルタントが実際に取り扱った日本語のみの仕事&就職方法

「英語はあまり話せないけど、海外就職したみたい」

英語をマスターしてから就職先を探すとなると結構時間がかかりますし、できれば早く海外就職を実現させてみたいという方も多いかと思います。英語は話せない…でも海外就職したい…!矛盾しているようだけど、どうにか道はないのかなと考えている方。

ズバリ言いますが…「英語が話せなくても海外就職はできます。」

私は以前、海外就職も斡旋する会社にて人材コンサルタントとして働いており、英語が話せなくても海外就職を実現させてきた人を何人も見てきました。それに私もそんなに得意ではないのに、働いていましたから…(笑)

そうはいってもどうやって仕事を探せばいいのかわからないですよね。そこで今回は、海外就職の方法と英語が話せなくても実際に私が取り扱った日本語オンリーでOKな仕事について紹介したいと思います。

海外就職するには?

まず、海外就職するためには以下4つの方法に分けることができます。

  1. 海外に拠点がある企業に入社する
  2. 海外就職を取り扱っている人材紹介会社に登録する(国内・国外)
  3. 現地のメディアで探す
  4. 現地に行って探す

しかし、「①海外に拠点がある企業に入社する」の場合はそもそも英語が話せる人を採用しますので、①は必然的に消えていきます。となると「②海外就職を斡旋している人材紹介会社に登録」「③現地のメディアで探す」「④現地に行って探す」に絞られてきます。

ひとつずつ解説していきますね。

「海外就職を斡旋している人材紹介会社に登録する」

ネットで探すと多くの人材紹介会社がでてきます。国内のものが圧倒的に多いですが、大手企業だと案外海外で働く案件も取り揃えています。しかし、こういった日本に拠点があるような人材紹介会社では、日本語のみで働けるお仕事は少ないです。

でも基本的に無料なので、登録しておけば何かしら案件を紹介してくれますが、あまり期待できません。

しかし、もうひとつ、行きたい国がある程度決まっている人は、現地に人材紹介会社があるかどうかを調べてみて下さい。日本に本社はなく、現地に本社になっている人材紹介会社は意外とあります。英語が話せなくても日本人が経営しているところも多く、日本人が対応してくれるかと思いますので「現地の国名+人材紹介会社」とキーワードを入れて検索してみましょう。

日本が本社の人材紹介会社よりも、現地にある人材紹介会社の方が、現地のネットワークに強いです。そのため、表には出ていない求人を持ち合わせているケースもあります。

「現地のメディアで探す」

また、先ほどの人材会社が取り扱っていないような国ですと、現地のフリーペーパーなどに求人案件が掲載されています。現地のフリーペーパーは、ネットメディアも並行して運営しているかと思いますので、実は細々と現地メディアのフリーペーパーに掲載されている場合があります。

人材紹介会社に募集するとお金がかかるため、ネットメディアで探すというスタンスをとっているところも結構あります。行きたい国が決まっているのであれば現地の日系フリーペーパーの情報は必ずチェックするようにしましょう。

「現地に行って探す」

荒業のようですが、日本では情報も限られますし思い切って現地に行ってしまうという手もあります。

私の知り合いも、何のつてもないけど現地に入り、在住日本人に会い仕事探していると言っていたら、入国して1週間くらいで、口コミで就職先が見つけていました。しかも、人材紹介会社には募集を出しておらず、結構いい待遇で…!

このように、海外では日本人コミュニティはそんなに大きくないですので、口コミで仕事を紹介してもらえるということもあります。私もたまに「うちで働かない?」と聞かれることがあります。(もちろん断りますが笑)

元人材コンサルタントが実際に担当!日本語のみでの求人はどんなものがある?

正直に言うと、英語が話せず日本語だけでもOKな求人というのはかなり少ないですし、幅は狭くなります。しかし、ないこともないのでここでは実際に私が日本語のみでもOKだった求人案件はどのようなものがあったのか紹介したいと思います。

■コールセンター

■日系の銀行にてジャパンデスク(カスタマーサービス)

■日本食屋でのホールスタッフ

■日系ホテルのカスタマーマネージャー

■旅行会社のアテンドスタッフ

■IT企業でのスタッフ管理者(マネージャー)

■現地フリーマガジンの営業

■日本語教師

■歯科衛生士&歯科技工士

■保育士

■工場の生産管理者

■建築会社の総務

■看護士

■ネイリスト&アイリスト&美容師

■プログラマー

こうしてみると意外とありますね!日本語が話せない場合、何か手に職があるような仕事だと見つけやすいかもしれませんが、なくても働けるお仕事は探せば結構あります。

ビジネスの相手が日本人がターゲットであったり、日本の本社とのやり取りがメインであれば日本語だけでもOKなところもあり、英語は入社後に学んでくれればいいよというところもありました。

もちろん国にもよりますが、海外就職を実現させるのに大事なのは「行動力」+「情報量」だと思いますので、ぜひ積極的に求人を開拓してみてくださいね。

Photo by Bench Accounting on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です