条件は日本人であること!それだけで手に入る172の選択肢とは?

今回は「条件は日本人であること!それだけで手に入る172の選択肢」についてお話ししたいと思います。

条件は日本人であることで手に入る172の選択肢。

この記事を見てくださっている方はおそらくほとんどの方が日本人だと思うので、すでにもうあなたも172の選択権を得ています。

これ一体なんだと思いますか?

答えは…

日本人のパスポートでビザなしで入国できる国の数です。

つまり、172ヶ国行こうと思えば行ける選択肢を、パスポートを取得すれば手にすることができるということです。まず「ビザ」というのは、その国に入ってもいいですよという、訪問国から出される「許可証」のようなものです。

国によってはパスポートだけで数ヶ月滞在できるところも結構あります。

あまりピンとこない人もいるかもしれませんが、世界的に見ると結構凄いことで、実は日本人のパスポートって「世界最強レベル」なんです。

毎年、カナダのコンサルティング会社「ヘンリー&パートナーズ」よりパスポートの自由度ランキングが発表されています。このデータによると、2017年日本のランクは世界的第5位です。

第1位はドイツで176カ国ですが、1位と比べても4カ国しか変わりません。

また、すぐお隣の中国だと第85位であり、ビザなしで入国できる国は、51カ国。

例えばですが、あなたが中国人の友達と、イタリアに2週間旅行しようと計画するとします。あなたは日本籍のパスポートを持っているので、パスポートがあれば、入国することができます。

しかし、中国人の友人はビザが必要なので、ビザの申請が必要になったりビザ代が発生したり…とあれこれ手間がかかりますし、国によっては申請しても許可が下りないということもあり得るのです。

また、私のカンボジア人の友人が、日本に旅行にいこうとしていました。しかし、日本に入国するにはビザが必要であり、ビザ取得のために、銀行の残高証明書、日本人の保証人などが必要でありかなり大変だったようです。

私もこれまで、ビザ申請をしなければいけないマイナーな国に行きましたが、銀行の残高証明や滞在先に保証人が必要だったことは一度もありませんし、申請書類に記入してビザ代を支払えば、問題なくビザが取得できました。

例え、ビザが必要な国であっても、日本籍のパスポートがあれば比較的簡単にビザは取得できて、行こうと思えば私たちはどこでもいける選択肢を既に持っている状態です。

ビザなしでパスポートだけで入国でき、なおかつ数ヶ月単位で滞在できるところも結構あるので、自分の行きたい国に少しずつ滞在して、気に入ったら長期滞在をして…という現地の暮らしを楽しむという生き方だって難しくないのです。

もちろんそのためには稼ぐ力も必要になってきますが、日本人であるというだけでも、海外で自由に暮らす生活を叶えられるチャンスがあるわけです。

なおかつ、パソコン1台で稼げる力をつければ、もはや日本に捉われることなく、自分の住みたい国から選んで、好きなような暮らせる生活は誰でも手にすることができます。

まだパスポートを持っていない!という方、は今のうちに取得しておき、あとは稼げる力を付けて、行きたい国にピューっと行って憧れの海外ライフの第1歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

きっと新たな道が開けると思いますよ。

Photo by Larm Rmah on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です