マレーシア航空搭乗記!実際に乗ってみた感想 激安だけど遅延や変更に注意

こんにちは。

Maikoです。

以前は、1年の大半を海外で住んでいたのですが、最近日本でのお仕事やら、身内が亡くなったりやら‥で2~3ヶ月に1回のスパンで日本にちょこちょこ帰国しています。

私の拠点は主に、マレーシアやカンボジアのため、移動の際に最も使うのが「マレーシア航空」です。

2014年に2度の事故が起こった影響か、かつては5つ星航空会社であったマレーシア航空の経営が悪化。

そのためか、航空券がとにかく激安。(もちろん場所や時期にもよります)

しかし、ご飯は美味しいし、サービスも悪くないし、運行スケージュールも待ち時間も許容範囲内。

機内では映画も楽しめるし、わりと快適なので気に入っています。

今回は、マレーシア航空の搭乗についてレポしていきます。

マレーシア航空のおすすめポイント

今回、カンボジアの首都プノンペンまでマレーシア航空を利用してみました。

プノンペンまでは、ANAの直行便が出ています。

直行便で行けるのでとても楽ですが、往復$800くらいから。

一方、マレーシア航空は‥

「プノンペン⇔成田空港」まで、片道なんと破格の「$160!!」(最低料金の場合)

もちろん、燃油サーチャージ代込の値段です。

往復でも$320ですから、もうとにかく激安でLCC並み。

なおかつ、機内食も映画もあって、預け荷物は30キロまでOK。さすが、元5つ星航空会社。

CAさんの対応もよいので、結構快適に過ごせます。

運行スケジュールは?

安いといってもトランジットの時間がめちゃくちゃ長かったり、時間がかかったりするのではあまり意味がありませんよね。

時は金なりですから。

しかし、運行スケジュールも無駄がありません。

今回利用したのはのは、

成田21:40→クアラルンプール4:35/9:00→プノンペン9:50

プノンペン18:30→クアラルンプール21:20/23:35→成田7:15

クアラルンプール→プノンペン行きのトランジット待ち時間が、約4時間と少し長めではありますが、まぁ許容範囲です。

クアラルンプール空港はとにかく大きくて、免税店もカフェも沢山あるので、時間つぶしには困りません。

搭乗レビュー行き:成田→クアラルンプール経由→カンボジアプノンペン

ここからは搭乗レポをしていきます。

成田→クアラルンプールへ

大型機で2階?もありました。

3列|4列│3列

事前にウェブから座席指定ができますが、いい席であればあるほど指定料金がかかります。

安いだけあって、満席です。

機内食は、夜便だったので、軽食、そして明け方朝ごはんががっつりでます。

マレーシア航空はご飯がおいしいんですよね。

ハーゲンダッツのアイスがついていました。

クアラルンプールで約4時間の待ち、プノンペンへ。

プノンペンまでは1時間半くらいなので、あっという間です。

搭乗レビュー:帰りプノンペン~成田

プノンペンから成田への搭乗レポです。

まずプノンペン→クアラルンプールに飛びます。

3列|3列のシートで、私が乗った日はガラガラでした。

機内食も映画もバッチリあります。

 

チキンのあまからソース炒め?のような機内食で、美味しかったです!

予定通りにクアラルンプールに到着し、2時間のトランジットタイムを経て成田へ飛びます。

成田行きの搭乗ゲートまでは、空港内の電車で移動します。

クアラルンプール空港はかなり広いので迷いやすいですし、似たような便が出ているので、間違えないようにしっかりと案内板を確認しましょう。

マレーシア航空メリットデメリットまとめ

実際に登場して感じたメリットデメリットをまとめてみました。

【メリット】

安い!

運行スケジュールも許容範囲

便が多い

機内も快適&料理がおいしい

CAさんの衣装がかわいい

一応日本語対応カスタマーサービスが用意されている

 

【デメリット】

遅延の常習犯?

スケジュールの変更も意外とあるので要注意

 

総合的な感想

マレーシア航空、よく利用していますが、実は遅延&スケジュール変更が多いという噂もあります。

実際に私も過去半年間で2回ほどマレーシア航空を利用しましたが、遅延&スケジュールの変更されました。

なので、成田に着いてその後飛行機での移動がある方や、スケジュールに余裕がない方はあまりおすすめできません。

マレーシア航空公式HPから予約すると最低料金で乗ることが出来ますので、ぜひチェックしてみて下さい。

マレーシア航空

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です