海外生活4年目の私が思う充実した海外ライフをおくるために大事なマインド3つ

「憧れの海外で暮らすことになった」

「いつかは海外で暮らしてみたい」

でも住み慣れた日本を離れる時には誰しも嬉しさ半分、不安半分と入り混じった感情が芽生えます。私も海外で暮らすわくわく感はあったものの、現地で上手くやっていけるであろうか…と不安になったものです。

実際に、海外移住したもののどうしても現地に馴染めず、その国に住んでいる事自体が苦痛に感じている人も多くいます。合う合わないはあると思いますが、せっかく海外生活をするなら楽しみたいですよね。

もちろん自分に合った環境かどうかも大事ですが、楽しい海外ライフを送れるかどうかは自分のマインド次第の部分も結構大きいんじゃないかなーと思います。

そこで今回は、海外生活4年目の私が考える充実した海外ライフをおくるために大事なマインド3つについてまとめてみました。

1、許すことができる

日本では、どこに行っても行き届いたサービスが整っています。私たちは生まれながらにしてそういった平和な環境で過ごしているので、海外に行くと余計にそのギャップに驚かされることがあります。

もちろん国にもよりますが、海外ではバスや電車が時間通りに来るわけでもなく、お店でぼられたり、公的機関で賄賂を要求されたり…

日本では考えられないような出来事に遭遇することがあるでしょう。しかし、それを「日本では○○なのに」といちいち比べているとストレスばかりが溜まっていて海外生活を楽しむことはできません。

おおらかな気持ちを持って、まぁ仕方ないか~と「許すことができる」ということは、海外生活を楽しく過ごすためにとても大事になってきます。

2、何でもネタとして考えられる

先ほどの許すこととも繋がりますが、異なる文化や習慣、日本人とは違った現地の国民性で受けたストレスや理不尽なこともネタとして考えられて、笑い話しのネタに切り替えられるかどうか。

これができれば、海外ライフもより一層楽しいものになること間違いなしです。

それに海外生活で経験した日本では考えられないことを、あなた独自の視点でネットで配信して収益に変えることだってできます。イライラして過ごすよりもネタとして自分なりに捉えて、なおかつそれを配信することによりお金にも変えられればいいこと尽くしですよね。

日々ネタ探しと思うくらいの気持ちでいた方がイライラせず、日々の生活を楽しむことができるはずです。日本では体験できないようなことができているのですから、その体験自体がネタそのものです。

海外生活に適応できている人って多かれ少なかれみんなこれが共通してできる人だなーと感じます。逆にこれができない人だと、「やっぱり無理!」といってさっさと日本に帰国してしまうという人が多いように思います。

3、適度な図々しさ

えっ?何それと思った方もいるかもしれませんが、ある程度の図々しさって結構大事です。

日本人の気質としては、相手の気持ちを尊重し、物事をはっきりと言わずに、相手が察してくれる暗黙の了解やお付き合いというものがあります。

それはそれでとても良い文化であると思いますが、海外では日本のように察する文化が通用せず、はっきり言わなければ伝わりません。また意見を言わないと、「自立していない人」と見られることも…。

何かサービスを利用する時でも、時にはしつこいくらいに確認したり、ちょっと図々しいかなと思うくらい自分の意見を主張しなければ後から痛い目にあう時もありますので、適度な図々しさは持つようにしたいところですね。

私も自分の意見をはっきり言うのが苦手だったのですが、海外に来てからは時は図々しいくらいにはっきり言ったり、何度も確認したりします。自分の身を守るためにもある程度の図々しさって大事です。

おわりに

今回は海外で生きるために大事なマインド3つについてお話ししました。あくまでも私自身が体験してきた中で感じたり、沢山の人に出会ってきた中で思うマインドですが、結構大事な部分だなーと思います。

とはいっても、もし海外生活が合わなければ日本に帰ればいいだけの話しですから、そんなに身構える必要もないのかなと思います。せっかく海外に住むのですから、あなたらしい楽しい海外生活を送って下さいね。

Photo by Scott Webb on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です