カンボジア治安は女性一人旅でも大丈夫だけど気をつけるべきことまとめ

こんにちは、Maikoです。

私は現在東南アジアを拠点に暮らしています。東南アジアといっても、色々ありますが、主に拠点を置いているのが、マレーシア&カンボジアです。

カンボジアにもよく行くよ~と言うと、まず治安を心配されます。まぁ確かに日本と比べると悪いんですが、戦争をしているわけではないので、そこまでビビるほどではありません。

カンボジアはアンコールワットといった世界遺産があるため一度は訪れたいと思っている方も多いはず。それでも心配なのがやっぱり治安ですよね。

今回は、カンボジアの治安について紹介したいと思います。

カンボジア現在2018年の治安はどう?

まず、外務省から発表されている、海外安全ホームページを確認すると、カンボジア全土に渡り「レベル1:十分注意してください」となっています。つまり、十分に気をつければ比較的大丈夫ということです。

じゃあ十分注意するって一体何を注意すればいいのか?

カンボジアで外国人が最も被害にあっているのが「ひったくり・強盗」です。

歩いている時やトゥクトゥクなどに乗っている時、いとも簡単に持っているバックなどをひったくっていきます。昼夜問わずひったくりの被害は多いですので、荷物を持って外を歩く時は「盗られる」と常に思うくらいの心構えでいたほうがいいでしょう。

必要以上に大金を持たず、なるべくバックを持たずに最小限のお金をポケットなどに入れて歩くのがいいかと思います。

とはいっても、毎回手ぶらで移動するわけにもいかないと思いますので、荷物がある時はなるべくタクシーを利用するか、常にバックを抱きかかえ取られにくいように細心の注意を払って行動するようにしましょう。

カンボジア現在2018年の治安女性一人でも大丈夫?

カンボジア行きたいけど、女性一人でも大丈夫なのか?と心配で躊躇している方も多いかと思います。私はよく一人で行動していますが、気をつけていれば大丈夫です。

☑暗くなってからの外出は控える
☑外出時常に周りを警戒する
☑貴重品は最小限に抑える
☑高価な服、バック、アクセサリーは身につけない
☑トゥクトゥクやバイクタクシーに乗る時は自分より体の小さい運転手を選ぶ(何かあった時勝てるよう)
☑↑流しのものに乗らない
☑肌の露出は控える
☑知らない人にご飯などに誘われても行かない
☑基本話しかけてくる人は疑う

用心して常識的な行動を取っていれば、危ない目にあうことはありません。でも油断は禁物ですので、常に警戒心を忘れないようにしましょう。

気をつけていれば、そこまで心配する必要はないと思います。

知らない人・初対面の人には絶対についていかない

海外に行くと、開放的な気持ちになってつい初対面の人でも、よかったらお家にご飯食べに来ない?と言われて行ってしまう方がいます。

現地の人と交流をするのは楽しいことですが、逆に現地の人からすると見ず知らずの人をご飯に誘うことなんて、滅多にありません。何か目的があるから、誘ってくるんです。

「妹が日本に留学するから話しを聞かせてほしい」とか、「親戚が日本にいて手紙をもらったから読んでほしい」とか、日本を絡めて自宅に来るように誘ってくる人は特に要注意です。

私の知り合いも、こういった手口で自宅について行き、家に入った途端閉じ込められ、金品を奪われたり、マネーゲームを無理やりやらされ、大金を騙し取られた人もいます。(→いかさま賭博被害)

現地の暮らしを知りたい人は、公式のガイドさんや旅行会社に相談しましょう。

「知らない人には付いていかない」子どもの頃から言われている言葉ですが、海外に行くとどうしてもそのことを忘れてしまいがちに‥。

むやみやたら、知らない人に付いていくのは絶対に辞めましょう。

気をつけるべきことまとめ

女性に限らず、カンボジアを訪れる際に気をつけることについてまとめてみました。

☑必要以上に大金を持たない。
☑手提げバッグなど取られやすいものはバックは持たない
☑トゥクトゥクなどで移動する時、荷物は必ず抱きかかえしっかり持つ
☑高価なアクセサリーは身につけない
☑なるべくきれいな格好をしない
☑外を移動する時は、後ろを振り返り怪しい人物がいないか見渡す
☑ホテル(ゲストハウス)などにパスポート、大金といった貴重品は置かない
☑レストランなどで、バック(スマホ・貴重品)を置いたままトイレに行かない
☑日本語で話しかけてくるは基本疑う
☑初対面でご飯に行こうと言われても基本的に疑い信用しない
☑必要以上に値切りすぎない(※トラブルの元になるため)

カンボジアに限らず、どこの国でも基本同じですよね。自分の身は自分で守るのが鉄則。日本とは違う国に行くのですから、細心の注意を払って楽しい旅をしてください。

Photo by Steven Lewis on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です