仕事辞めたい30代女性が辞める前にやっておきたいこと

こんにちは、Maikoです。

会社員として仕事をしていると誰しも一度は「仕事辞めたい」と思ったことがあるはず。20代のうちであれば、就職先もまだ見つけやすいと言われていますが、30代になると仕事が見つけにくいと言われていますね。

実際に年齢制限が設けられているところも多いですし、企業側も同じような能力であれば残念ながら年齢が若い人を選ぶというのは普通のことだと思います。

そのため30代になると、仕事が見つけにくくなるのも現実。仕事辞めたいけど、その後のことを考えると辞められない‥という方も多いかと思います。

結婚していて旦那さんの稼ぎがあれば、まだ心に余裕があるかもしれませんが、未婚で次の就職先が見つからないと生活にも困るためより慎重になる必要があります。

仕事辞めたいと思っていても、辞めるまでにできることは沢山ありますので、まずは色々と根回し対策をしてから辞めると、後々不安に陥ることはありません。

今回は「仕事を辞めたい30代女性が辞める前にやっておきたいこと」についてまとめてみました。

まずは仕事を辞めたい理由を書き出す→変えることはできるのかを考える

そもそもまず、なぜ仕事を辞めたいのか今一度考えてみましょう。

・職場の人間関係に悩んでいる
・就業時間が長い、休みがない
・仕事にやりがいを感じない
・給料、待遇面に不安がある

仕事を辞める+次の就職先を探すのは結構大変です。

どこか既に次の就職先が見つかっている人は別ですが、新しく就職先を探すとなると、応募する企業のリサーチして‥履歴書書いて‥数回面接行って‥面接結果に一喜一憂して‥と内定をもらうまでに想像以上に労力がかかります。

なかなか決まらないと追い詰められていきますし、精神衛生上良くないです。

そのため、次の職場を探す労力よりも、今辞めたいと思っている原因を改善していく方が簡単な場合もあります。ある程度慣れた環境&人間関係なので、ゼロから始めるよりも行動しやすいはず。

例えば、仕事を辞めたい原因の最たる理由は職場の人間関係です。上司が嫌だから辞めたいという場合‥

・どういうところが嫌なのか
・関係が悪くなったならなぜ悪くなったのか?
・自ら働きかけることで変わる可能性があるか?

上司が嫌だ思う理由を挙げ、その次にもし自分から何かしらアクションを起こせば変わる可能性があるのか?と考えます。

女性の脳って感情でできているので、一度嫌いだ!と思ったら、その人が何をやっても嫌悪感を抱くようになってしまうんです。逆に男性の場合、例え上司が嫌いだという感情があっても、仕事ができるといった尊敬できる部分があれば、それは切り離して考えることができます。

でも女性の脳はそういう風にはできていない。だから、仕事ができるできないとかではなく「好き・嫌い」で全てが決まってしまう。

逆に言うと、その上司のことを「好き(LIKE)」になれさえすれば、あとは嫌なことがあってもそうは気にならなくなります。

それに、嫌いだと思い込んでいるけど、実は自分の誤解だったり、よく話してみると自分が思っている人ではなかったり、お互いに誤解があったり‥意外とその人に対する新たな部分が見つかり、印象が変わってきたりします。

なので、辞める前にまず積極的に、その人自身に敢えてぶつかり「LIKE」になれるか行動してみましょう。

それに、自分に対して積極的に話しかけてきたり、自分のことを知ろうとしてくれている人を無下にするような人って少ないと思います。上司にとってもそれは嬉しいのではないかなーと思います。

もし自分なりにアクションを起こし、真正面からぶつかっていってやっぱりダメだと思えば、辞める方向で動きましょう。

これは人間関係以外にも言えることですね。休みがないとか、激務であるとかであれば、それを改善する方法はないのか。給料や待遇に不満があれば、交渉して変わらないのか。

「辞める」と思えば、もうどう思われてもいいやと思えるはずです。なので、本当に辞める前に思いっきり自分が溜め込んでいるものを吐き出し行動してみましょう。

そうすることで、意外と変わる部分もありますよ。日本人って、自分の思っていることを遠慮して言わなさすぎ。やるべきことをやらずにああだこうだ言うのは論外ですが、もっとはっきり自分の意志を示していいんですよ。

それに自分だけでなく、他の人も同じように思っている場合だってあるわけですから、同じように動いてくれる人が見つかるかもしれません。

あなた自身の意思を示して、それに対し改善が見られないような会社であれば、辞める方向で動きましょう。

辞める前に次の就職に向けて動く

今の会社を辞める方向に決めた場合、ありきたりですが、いざ退職してしまう前に、次の就職先について調べ始めましょう。

仕事が忙しくても合間の時間を使ってできることは沢山あります。

・転職エージェントに登録する
・履歴書、職務経歴書を用意しておく
・自分がこれまで会社でやってきたことを洗い出しておく
・自分が何ができるのか自己分析をしておく

いっぺんに出来なくても、少しずつできるはずです。良さそうな会社が見つかれば、応募し、面接を受けに行ったりと、やはり会社を辞める前に少しずつ次の就職先に向けて動いておくのがベストです。

仕事をやりながらだと大変ですが、いざ仕事を辞めてから探すとなると、見つからない場合焦りが出てきて、内定が出たところでいいやとつい妥協しがちになりますし、慎重な判断ができなくなる危険性だってあります。

就職しない選択肢を考える

仕事を辞めたからといって、次に新しい就職先を見つける以外の方法もあります。それは、雇われずに働かなくても良いように、自分で起業したり、フリーランス(個人事業主)になること。

何か手に職があれば、それを生かして自分で起業したり、フリーランスとして仕事をもらえるように動いてみたり。もし独立して一人でやっていけるほど何のスキルもないという方は、今から見つけて行動すればいいだけのことです。

資格を取るのもありですし、語学を極めて通訳になったり、私の知り合いはパン屋で修行して、パン屋を開業していました。

今の時代、ネットを上手く利用すれば個人でも仕事が取りやすい時代です。誰でも、個人事業主になれるんです。もちろん、そのための行動は必要です。

会社にいるうちから、自分に何ができるのか・何をしたいのか・そうなるためにはどういう風に行動していけばいいのかを考えるようにしましょう。

収入があるうちだとじっくり考えられますし、もし自分が行きたい方向性が見つかれば、スクールに通ったり、あとは行動するのみです。

まとめ

今回は「仕事を辞めたい30代女性が辞める前にやっておきたいこと」について紹介しました。少しは参考になりましたでしょうか?

私も会社員時代は、朝会社に行きたくなくて涙したり、吐き気を我慢して行ったり、我慢の限界に達しズル休みをしたり、通勤電車のホームでこのまま飛び降りたら楽になれるのかなと考えるほど追い詰められた時もありました。

そうなる前に辞めればいいという意見もありますが、決して安易に辞めたければ辞めればいいとは言えません。現実として仕事を辞めた後も人生は続いていきますから。

だからこそ、仕事を辞める前によく考えてできることを少しずつ行動していくのが大事だと思います。

私の場合、仕事を辞めて雇われずに働きたいと強く思うようになっていました。でも、何か新しいスキルを身に付けそれを極めるほどの興味があるものがありませんでした。

そこで「興味があるもの」=「仕事」を切り離して考え、手に職がない自分でも今から習得できて尚且つ稼げるものは何か‥?という点に集中して模索しました。

その結果、ウェブを使って収入を得るという今のスタイルを見つけ行動し、スキルゼロから雇われずに収入を得て生きる人生を手に入れることができました。詳しくはメルマガ配信していますので興味がある人は読んでみて下さい。

Photo by Brooke Cagle on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です