現地採用帰国後の就職仕事は見つかる? 帰国後不利にならないために今できること

こんにちは、Maikoです。

現在、海外で現地採用として働いている方、今後現地採用として働こうと考えている方、気になるのが日本帰国後の仕事が見つかるのか?についてではないでしょうか。

私は以前、海外就職を斡旋する人材紹介会社にて働いていましたし、現在東南アジアを拠点に活動しているので、現地採用として働く人に関わる機会があります。

その国で一生住む!と決めた方を除いて、現地採用枠で働く人の多くは2~3年で今後のキャリアを考え始めます。

1年目:その国に慣れるのが必死&違った環境で刺激的
2年目:慣れてきてその国の嫌な面が見える
3年目:日本に帰国するべきか悩む

滞在している国にもよりますが、現地採用として働く方の場合、2~3年くらいで帰国する方が多いため、自分自身も2~3年目に突入した頃に悩み始めます。

なぜ現地採用として働き始める人が悩むかというと、やはり待遇面が良くないため、このまま働き続けることに不安を感じるからです。やっぱり将来のことを考えると、待遇が悪いまま続けるのは誰しも不安になるものです。

それに今いる国にずっと暮らし続けたいとも思えない&給料も安くこのまま働き続けるのも限界が来るだろう‥こういった理由が2~3年目に多く現れてくるので、帰国を考える人が増えるんです。

しかし、次に心配になってくるのが現地採用として働き、その後日本に帰国したとして、仕事(就職先)は見つかるのか?

まぁこれは、その人自身が現地採用としてその国で何をしてきたか、語学力、年齢、滞在していた国によっても大きく変わってくるので一概には言えませんが、残念ながら現地採用として働いたことはあまりプラスには見られない傾向にあります。

『海外で働いていた』=『普通の路線から外れた人』

と古い考えの島国根性丸出しの企業が多いからです。そんな会社こそこっちから願い下げだ!という気もしますが、残念ながらこれは現実。まぁ実際にそういう人もいますしね。

アメリカやヨーロッパなど先進国で働いていたのであればまだ見方はちょっと違ってくるかもしれません。だって、日本って白人至上主義だから。

アジアに住んでいましたというより、アメリカに住んでいました!っていう方がなんとなくみんな凄ーい!とかって言うでしょ。採用する企業の人だってだいたい同じです。

なので、特にアジアで現地採用として働いていたとなると、そもそもフリだというのを頭に入れて置かなければいけません。じゃあやっぱり帰国後の就職先を探すのは難しいのか?

というと決してそういうわけでもありません。

私の知り合いも、東南アジアで現地採用として2~3年働いて日本で普通に就職活動をして、就職先を見つけたという20代~40代の人は沢山います。

可能性としてはゼロではありませんので諦めないことが大事です。

しかし、もしいずれ日本に帰国し就職先を探すというのであれば、やはり圧倒的に若い方が有利です。特に職種にはこだわらないというのであれば、仕事は見つかるでしょうが、年齢を重ねてからの仕事を見つけるのは難しくなります。

よっぽど、特別な能力、その人でなければならない理由がない限りは、年齢が若い人を採用するというのが現実です。

帰国後不利にならないため今からできること

なんだか気が重くなるような話をしましたが、現在現地採用として働いている方も、今後現地採用として働こうと考えている方も、帰国後フリにならないために今からできることは沢山あります。

①実績を作る

ありきたりですが、「海外で働いていた=遊んでいた」と見られないためには、働いていた会社での実績を作ることが大事。

売上を●%と上げたとか、社内で新規事業を立ち上げたとか、●●賞を受賞したとかわかりやすく目に見えるものがベストです。会社と良好は関係を築き、推薦状をもらっておくものいいかもしれません。

②英語だけでなく第二言語を習得し語学を極める

英語だけでなく、第二言語が話せると、その国で何か事業をしている会社に就職しやすくなります。私の友人は、タンザニアで働いていたことがあり、英語だけでなくスワヒリ語を習得。

スワヒリ語を話せて、アフリカに住んでいた経験を買われ、アフリカに事業を展開する会社に帰国後に内定をもらっていました。

語学+現地に住んでいたことがある(現地の人との付き合い方がわかる)という点がポイントとなり、採用に至ったわけです。

日本人って語学に苦手意識ある人が多いので、やはり現地の言葉が話せるというのは武器になります。とはいっても、マイナーすぎる国だと需要がないですが‥。

しかし、マイナーな言語を武器に自分でフリーランスとして活動することだってできますよね。通訳派遣の会社だってありますし、そこから顧客をつけていくことだってできます。

私の友人もそうやって通訳として個人事業を立ち上げた方もいます。

③語学以外に専門スキルを習得する

私が海外で暮らしはじめて思ったのが、専門スキルがある人って強いなということ。専門スキルがある人は、それだけでも仕事見つかりやすくなりますからね。もちろん専門的すぎると、逆に仕事ないという場合もありますが‥

看護師さん、プログラマー、デザイナー、美容師、歯科衛生士‥何か手に職があれば、海外でもある程度仕事は見つかりやすいですし、帰国後の仕事だって比較的見つかりやすいかと思います。

とはいってもこういった専門スキルがない‥という方。今からでも遅くはありませんので、何か語学以外に専門的なスキルを一つでも身に着けて実績を作っていきましょう。

別に国家資格でなくてもいいんですよ。私の友人も、専門スキルを身に着けたいと考え、飲食店を経営しながら、プログラマーとかデザインの勉強していますし、一つの仕事だけでなく、色んな事ができた方がいいです。

自分の今の仕事以外に、何か別のスキルがあれば、圧倒的に有利になりますし、武器は多い方がいいです。

これから現地採用で働こうと考えている人は、その仕事をして何が身につくか?を考えて選ぶといいですね。

④コネクションを作って本社採用にこぎつける

働いている会社でそのまま本社採用になればいいですが、あまりそれは望めないケースが多いです。

現地採用で今働いているのですから、会社側としては現地採用としてそのまま安い待遇で働き続けてほしいから。

今の会社で本社採用が見込めない、もしくはそもそも日本に本社がないという方の場合。

海外での日本人社会って狭いです。なので、私の友人は現地採用で働いて、日本人社会でコネクションを作り、別の会社の本社採用になった人がいます。

本社採用なので、待遇面は日本と同じで、日本⇔その国を行き来しています。

企業側も全くその国を知らない人を採用するよりも、ある程度その国事情を知っている人の方が使いやすいはず。そういった枠を狙うというのもありですね。

数的には少ないかなと思いますがチャンスはゼロではないかと思います。

⑤就職することを目標としない

えっ?どういうこと?と思ったかもしれませんが、そもそも日本で帰国したとしてもどこかの会社で「働く」というのをしないという選択もありです。

ちなみに私もこのタイプで、最初こそは会社員として海外で働いていましたが、現地で起業しました。起業といっても大それたことはしていませんが、個人事業主になったわけです。

手に職なんて何にもありませんでしたが、スキルを身に着けて、独立起業した組です。

同じように、元々現地で普通に働いていたけど、起業したという人も結構いますので、起業するというのも選択肢のひとつです。

日本で就職できたとしても、その会社が潰れたり、自分が働けなくなるリスクだってあるわけですから、就職=安泰というわけではありませんしね。

まとめ

海外で働いていようが、大事なのは自分が何ができるのかということに尽きると思います。これからは、どこにいても個人の力が試される時代です。

なので、就職先うんぬんよりもいかに自分自身に武器を付けていき、どこでも生きていけるスキルを身につけることが最も大事なことだと思います。

Photo by Ferdinand Stöhr on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です