カンボジア通貨はドルだけでOK リエルは不要 両替レートは現地が良いよ

こんにちは。Maikoです。

海外に行く時に混乱するのが現地の通貨!日本円とは桁が違ったり数え方が違うのでわからなくなりがち‥という方も多いのではないでしょうか。

しかし正しく把握しておかないと、お釣りをぼったくられていても気づかなかったり‥。海外に行く前には、その国の通貨をしっかりと把握しておきたいものです。

私は東南アジアを拠点に暮らしていますが、各国現地通貨が違うので混乱しがち‥。

今回は備忘録も兼ねカンボジアの通貨についてまとめてみました。カンボジア行く際は参考にしてみて下さい。

カンボジア通貨はドルだけでOKだった!リエルは不要!でも‥

カンボジアの公定通貨は「リエル」ですが、米ドルが普通に使えます。日本では考えられない二重通貨なんです。これはビックリ‥。日本で日本円と米ドルどっちも使えると考えるとあり得ないですよね。それが普通にあり得るのがカンボジア。

なので、カンボジアに行く時は、ドルだけあれば十分です。現地通貨リエルに両替する必要はありません。スーパーでもコンビニでもレストランでも、タクシーでも屋台でもドルが使えます。

ただ、1ドル以下のお釣りは、現地通貨リエルで返ってきます。たまに1ドル以上でもリエルでお釣りを渡すところもありますが、そんな時はドルで欲しいといえばドルで返してくれます。

あと注意が必要なのが、100ドル札を出すとかなりの確率でお釣りがないと言われ使えません。大きいスーパーでは使えますが、それ以外ではお釣りがなくて使えないので、ホテルや大きいスーパーなどで細かいお金に崩すようにしましょう。以前、そこそこ大きいコンビニで100ドル札を出した時、お釣りがないと言われ、結局買えなかったことがありました(泣)

あと知り合いに聞いた話だと、空港までタクシーで行って、100ドル札を出したけど運転手さんがお釣りを持っていなくて、両替の時間もなく、タクシー代10ドルのところを泣く泣く100ドル渡したという話しも聞きました。

なので、細かいお札、10ドル、5ドル、1ドルを用意しておくようにしましょう。トゥクトゥクやバイクタクシーでは、10ドルどころか、5ドルでもお釣りがないと言われますので、1ドル札を沢山持っておくのがベストです。

リエルの使い方

基本ドルでOKですが、1ドル以下はリエルでお釣りが返ってきます。なので、結構リエルが溜まってきちゃうんですよ。わかんない通貨が溜まってくると面倒になりますが、意外ときちんと数えてみると2~3ドルになったりするので、侮れません。2~3ドルあれば1食ごはんが食べられますからね。

基本的に「1ドル=4000リエル」で考えればOKです。(↓右青いお札が1000リエル)

レストランや大きいスーパーなどでは、1ドル=4100リエル/4200リエルだったりするのでその時は、100リエル札を追加で出すようにしましょう。

 

上から

100リエル

500リエル

1000リエル

いくつか種類があるので、数字を見て確認するようにしましょう。

銀行預金もドルで可能!8%超えの驚きの高金利!

そして、街中でドルが使えるだけでなく銀行でもドル預金が可能です。しかも、日本では考えられない金利の良さ!こちらは、現地のマイクロファイナンス機関の定期預金の金利表なのですが、KHR(クメールリエル)とUSD(米ドル)どちらで預金するかが選べます。

外国人にとってドル預金ができるのはありがたいですよね。高金利カンボジアの銀行口座開設についてはこちらの記事にまとめています。

カンボジアで銀行口座開設してみた 超高金利8%超えも!

両替レートはカンボジア国内がお得

カンボジアに行く時、日本とカンボジアどちらで両替するか迷いますよね。日本である程度両替していくと安心ですが、日本はあまりレートが良くないです。

なので、カンボジアで両替する方がおすすめ。日本だと米ドルってあまり流通していないので、手数料が高くなりますがカンボジアだと米ドルが流通しているので、日本円を両替するのは簡単です。

また、カンボジアの空港で両替するよりも街中で両替する方がレートは良いです。

空港で移動費やちょっとした食事代など最低限両替して、まとまったお金は街中で両替する方がいいですね。ただ、偽札や、破れているものを渡されたりするので注意するようにしましょう。

お札が破れていたり穴があいていたりすると、使えない場合がありますし、普通に間違っていたりするので‥(笑)両替したお札はその場で必ずチェックするようにしましょう。海外では「基本的に人を信用しない」くらいがちょうどいいです。

首都プノンペンで両替するなら、Ly Hour Exchange(リーホーエクスチェンジ)がおすすめです。米ドルだけでなく、その他の国の通貨も多く扱っています。割とレートも良いですよ。

あと、プノンペンにはイオンがあり、モール内でも両替所があるので、そちらでもできます。街のいたるところでできますが、偽札が混ざっていたりする可能性があるので、できるだけしっかりしたところで両替した方がいいですね。

私は行ったことないのですが、シェムリアップだと「Apsara Currency Exchange」が良いようです。現地在住の方のブログでおすすめされています。

シェムリアップの方が、観光客が多いですし日本円の取り扱いが多いので、レートはシェムリアップの方がいいかもしれません。リエルがたまって1ドル以上になった場合は、現地でドルに替えてから出国すると他でも使えるので後々便利です。

海外の通貨って、慣れないとなかなか大変ですが、無駄になったり、ぼったくりにあうのを防止するためにも事前に正しく理解するようにしましょう。

Photo by Christine Roy on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です